自分の生い立ち 〜誕生から小学校編〜

今日、内閣府東南アジア青年の船の志望理由を書くにあたり自分の人生を振り返ってみたところ、中々恵まれた人生を歩んでいるんだなぁ〜と思って自分のルーツ?生い立ちについて一度まとめておきたいなと思ったので、書かせてもらおうと思います。

 

まず、平成7年7月8日に東京で誕生しました。僕の名前は父方の祖父母が命名してくれました。その名前が翔太です。太く羽ばたいてほしいとのことでしたが、希望通り太くなりすぎて羽ばたけない体型になってしまうのはまだ先のこと。笑

 

生まれた時は病弱でアトピーだったり喘息で大変だったらしいです。

まあその後すくすくと育っていくので安心してほしいと伝えたいです。

幼少期はおじいちゃん子でたくさん可愛がられてました。今でも記憶に残っているのは自分がベビーカーに乗っていて遊園地から公園の方に散歩していてかっぱえびせんを食べたり鳩にあげたりしている記憶があります。多分まだしゃべれないときのことだと思いますが何故か記憶に残ってます。

幼稚園は母親の働く城北ひまわり幼稚園に入園しました。

あんまり覚えてないので割愛します。笑

そして小学校は千代田区立千代田小学校に入学します。自分の人生の中で唯一の区立です。あとは全部私立でした。笑

自分は荒川区に住んでいるので千代田区にあるこの学校まで電車で通学でした。小学校から電車通なのは大変だった記憶があります。

最初は地下鉄で通っていたのですが、悪さばっかりして学校に苦情が来て通学路を変更したのを覚えています。電車の中でカレンダーを足元に引いて車両から車両に滑っていて怒られたのを覚えています。

その後は地下鉄から、JRに変更しました。あの有名な乗車率を誇る山手・京浜東北線です。今思うとよく毎日あれで通っていたと思います。

それだけ大変な思いをして通った小学校は自慢の一つです。今思えばさすが千代田区と思うのですが、地下二階に温水プール、地下一階に体育館、そして二階に校庭という、とんでもないハイテク小学校でした。そんな小学校時だからゲームが大好きであだ名はスラ前でした。スライム前川の略です笑

アウトドアが嫌いで、囲碁教室やパソコンクラブ、科学クラブに入っていました。今思えば完全な陰キャラですね。笑 でもこの経験のおかげでパソコンを使うことが好きになり、科学に興味を持ちました。

そして僕の初恋ですがそれは小学校5年生の時でした。あんま触れたくないので割愛しますが、母親と担任が共謀して席替えの時に隣になったのを覚えています。卒業後に他の友達と一緒に僕の家に一度遊びに来たり、ディズニーに行ったりしましたが面白い展開もなく終わりました。

千代田区ということもあり中学受験するのが当たり前のような風潮で自分の周りに流されながら受験することを決めました。5年生から2年間の受験期間でしたが、人生で一番勉強したのがこの時期ですね。この時期のせいで太くなりすぎたと言っても過言ではないです。

学校から4時ぐらいに帰ってくると食事をして車に乗って塾に行き、塾が終わると車の中で軽食を食べて、個別塾にそのまま直行。そして帰宅が10時を過ぎて学校の宿題をして就寝という地獄のような生活をしていました。おかげでぶくぶく太り、おっさん顔になり、無事志望校である順天中学高等学校に合格することができました。人生で一番老けていた時期です。笑

まぁここまでは特に特別なことはなくちょっと辛そうな人生ですね。

でもこの辛い時期があったから今の自分がいるんだと思うとありだったのかなと思います。

ではこの続きは中学校編に書いていきたいと思います。