読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

落ち込む自分

はい。題名の通りいま僕は落ち込んでいます笑
でも、落ち込んでいただけだったら、このブログを書いてません。
多分、寝たでしょう。笑
なんでこの記事を書こうかと思ったのかというと、ストレスを抱える原因とはなんなのだろうと考えて解決策的なものが見えたので記録に至っているという感じです。

今回落ち込む原因となったのは前回にも出てきた岩本氏が導火線に火をつけてしまったという点です。導火線をひいたのは自分なので彼を責めるつもりは全くないです。(さっきまで心の中で責めていましたが笑)
どんなことがあったかという詳細は今回問題ではないので割愛します。

部下のミスによって自分が責任をとらなければいけないという状態に置かれていたと分かってもらえれば大丈夫です。

今回、僕がストレスを抱え込んだ原因の一つとしては、自分1人で様々なこれから起こりうる最悪のケースをシミュレーションしてしまうということが挙げられます。
これのせいで、ああなってしまい、そっからさらなるあんなことが起きて、、、みたいにどんどん考え込んでしまいます。
こんな時は、いつも

マイナス思考の辿り着くところは、考えすぎか、他人のせい

という言葉を思い出すことにしています。
これによって自分を責任から無理やり精神的に逃避させています。
しかし今回の場合は他人のせいだが、自分が最終的には責任を負わねばならない状況のため意味がありませんでした。 
そのせいで、一気に最悪のケースが頭の中に張り巡らせれてました。

次に疲れていたという点です。
笑い話のようにも聞こえますが、疲れている時は、マイナス思考に陥りやすいと思います。

また、人間関係に悩んでいたのと、タスクに追われていたという点もふまえ、精神的にも、肉体的にも疲れていました。

これらの状態が悪い相乗効果を生んで、今年一番の精神をがっぽり削られた状態でした。

ここからが解決策なのですが、
結論からいうとポジティブになるということです。ゴールとしては発想を転換して素直になるということです。

しかし、ほとんどの人が分かっていると思いますが、ネガティヴ思考の極地まで陥っている自分をポジティブ思考に持っていくことは、とても大変です。
そんなことはわかってます。笑

ここで理解して欲しいのは、ネガティヴ思考からポジティブ思考へ自分の思考を移行させるプロセスを知っていないから難しいのだということです。
 
ここでネガティヴ思考の状態と、持っていきたいポジティブ思考を分析していきたいと思います。
まずネガティヴ思考の時の自分は、
過去を悔やんでます。
将来に絶望しています。

ポジティブ思考の時は
過去を気にしません。
将来を明るく考えています。

簡単に比較するとこんな感じです。 
ここで頭のいい人なら気づいていると思いますが現在が抜けているのです。

過去というマイナスがあるから将来もマイナスという順接と、
過去というマイナスがあるから将来はプラス
という逆接の状態です。

その接続の部分は現在であり、最も大切なことは過去でも将来でもなく現在に目を向けることだと思います。

振り返らず、後先考えず、目の前のことだけに目を向けて対処していくことが大事だと思いました。
いちいち無駄に自分の思考によって感情の起伏を作って誤魔化すのでなく、淡々と目の前のことにだけ自分の視点を置くことが大事だと思いました。
つまり、ネガティヴ思考な自分でも、ポジティブ思考へなろうとせず、ネガティヴ思考のままでもあろうとせず、現在思考でいることが大切です。

そうすると、感情を持たない人になれと言ってるのと変わりがないと思うので、更に付け足していこうと思います。

それは、いまの自分の感情、ストレスを持っている理由を、主観的ではなく客観的に理解するということです。
つまり影響や原因を客観的なものに移動させて考えるということです。

自分がストレスや落ち込む理由は必ず他者が関わることによって引き起こされます。

そして解決する方法も他者が必ず関わってきます。
慰めてもらったり、相談にのってもらったりなどです。

ここからが新たな発見がだったのですが、
原因を目的に変えてしまえば、ストレスなどといったものがなくなってしまうのです。
理解できませんよね笑

つまり目的論なのですが、
甘えたいから落ち込んでいる。
相談にのってもらいたいから1人で考えている。
一緒に何も考えず笑いたいから、ストレスを抱え込む。
などと思考を変えることです。

今の自分の状態から解決策がうまれるのではなく、その解決策のために今の自分の状態を作るというふうに発想を転換することで一気に楽になります。

甘えたいから、落ち込んだ。
休みたいから、疲れさせた。

こんな感じです。
アドラー心理学の要素を含んでいるので、自分の説明力不足もあり理解され難い理論ですが、これによって楽になった自分がいました。
この考えをもとに目的の達成を、落ち込んだり、ストレスを抱えるといった方法と別の方法を考え生み出すことが結構簡単にできるようになると思います。

そしたら無駄な悩みやストレスを感じる期間や量が減っていくようになると思います。
なぜなら気づいた自分に素直になるだけですから。
落ち込んでる自分がいたら、あぁ誰かに慰めてもらいたいんだなと思い、素直になり誰かにすぐ連絡して慰めてもらう。
すると目的が達成されるので落ち込まなくなる。
といった感じです。
要は考え方次第ってことです。
これに気づいているかいないかで負担が全然違うと思いませんか?