読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

核なき世界へ

71年前に第二次世界大戦を終結させた、広島と長崎の原爆投下。

今日、現役のアメリカ大統領としては初めてオバマ大統領が広島に来ました。

歴史的な1日でした。

 

戦争を経験していない僕。

何があの場所で起きたのかは知っているけど、どうしても他人事になってしまっている日常。

 

原爆投下をアメリカでは戦争を終わらせた良い決断だったという意見も多い。

何が正義で何が悪なのか。勝者だけが正義なのか。

一度大きな力を得てしまうとそれを捨てるにはとても勇気がいるけど、それを持っていることでどのような悲しみを生み出すのかを考えて、力を捨てるという勇気を持たなければならないなって思った。

 

自分はAPUに来て、AIESECに入って世界を見て、世界を変えなきゃとか大きなこと考えているけど、それと同時に身近な守りたい人をしっかり守っていかなきゃなって思った。

 

どうしたら戦争がなくなるのか、どうしたら世界は平和になるのか。

答えなんか考えても考えても出てこなくて、、

でも人が他者の影響によって悲しまなければいけないのは間違っていると思う。

平和の実現に向けてみんなで手を取り合って頑張っていかなきゃいけない。

それが達成されることがどれだけ難しいことかなんかわかっているけど、それでもその想いっていうものを忘れてはいけないと思う。

 

広島は今もっとも訪れたい場所であって一緒に訪れる人も決まっている。

ちゃんと自分の足で広島を訪れて、自分の目で見て、自分の心で感じ取ってきたい。

 

なんかごちゃごちゃした文章だけど、オバマ大統領の演説を見て今の気持ちを残しておきたくて書かせてもらいました。